メガソーラーで良好発電~必読!投資情報センター~

ソーラーパネル

アパートで資産運用を

集合住宅

アパート運用とは

一棟のアパートを賃貸で貸すことにより、家賃収入を得るのをアパート経営と呼びます。その特徴としては、複数の部屋を貸し出すことによって空き部屋となるリスクを分散させることができる点が挙げられます。また土地も所有することにより、建物を好きなように建設できることになります。初期投資費用が少なくなるので、手軽に始めることが可能です。ただし建物のメンテナンスはこまめに行う必要があります。マンションなどとは異なり、耐久性は下がるのでこまめな補修は必要となります。ただし、家賃設定を相場よりも安めにできるので、賃借人探しは比較的楽に行えます。単身者用であれば居住年数が比較的短いので、礼金収入も期待できるものです。

アパート経営は多くの場合、信頼できる管理会社に運用を任せることになります。そのために自分で行う手間が少ないので、楽に運用できることになります。また家賃収入を補償する管理会社もあるので、空き部屋を避けるために利用することも可能です。また、部屋数は多いものの、一室ごとの単価は安いので、利回りはかなり高くなります。短期間保有して売却しても、ある程度の利益は確保することが可能です。また土地の価格の割合が大きいので、アパート経営は売却時もそれほど値下がりしないものです。工法にもよりますが、適切なメンテナンスをすることにより、建物は長持ちします。そのために将来の安定収入としてもアパート経営は魅力ある財産になります。